未分類

おっさんずラブ-in the sky-・8話ネタバレ感想。おっさん達の恋の飛行は無事着陸できるのか!?まさかの結末に衝撃!

春田と成瀬のことを思い、寮を出て行く四宮。パイロットを辞める黒澤。

そんな二人を思う成瀬と春田。

それぞれが選んだ道とは…?

 

 

おっさんずラブ-in the sky-/8話あらすじ

 

黒澤、四宮を心配する春田たち

 

黒澤の突然の引退宣言に激しく動揺した春田は、
すぐさま怜二にその理由を聞きます。

怜二も初めて聞いたようで、
理由は「パイロットとして完全なフライトができなくなったから」だと言います。

その夜春田と成瀬は、寮でグラタンを食べながら四宮の行方を心配するのでした。

 

その頃四宮はと言うと、なんと黒澤の家にやっかいになっており、
泊めてもらっているお礼にと料理を振舞っていました。

黒澤と緋夏も一緒にわいわい楽しく食べていると、
緋夏がここにいる三人はみんな春田に振られた組だと気づきます。

「本当だ」と豪快に笑う黒澤に、春田のことを吹っ切れたのかと問う四宮。

黒澤は、寂しさはあるものの「とても感謝している」と答え、
もう『愛の境地』に達していました。

そんな黒澤にいたく感動した四宮は、黒澤に弟子入りを願い出ます。

 

黒澤の引退宣言の理由

 

屋上で、黒澤にパイロットを辞めないでほしいことを訴える成瀬に
黒澤は、以前、悪天候の中福岡まで飛んだ時のことを話し始めます。

あの時は、成瀬からの「他社便は欠航を決めている」という助言を聞かず、
自分の過去の経験上から飛ぶことを決断しましたが、
結局は引き返すことになってしまいました。

黒澤は、仲間の話よりも自分の経験を優先して判断した自分が許せず、
辞める決意をしたのでした。

 

翌日、春田もまた、黒澤にもっと教わりたいことがあったのに
辞めないでほしいと伝えます。

春田も黒澤と成瀬の会話を聞いており、黒澤が辞める理由を知っていました。

しかし黒澤は、春田の思いに答えることなく、
自分のマフラーを春田に巻いてあげるのでした。

 

一同が複雑な思いを抱く中、いよいよ黒澤のラストフライトは
クリスマスイブに決まりました。

どんなふうに黒澤を送り出そうか考える春田たちの前に怜二が現れ、
「普通が一番だよ。あとはアルバムでも作ろうか」と言います。

怜二の提案に、皆賛同するのでした。

 

その後、自分のロッカーに向かった春田は、
そこに入っていた黒澤からの「七郷土手にて待つなり」という
呼び出しの手紙を見つけます。

 



 

黒澤杯相撲大会が開催

 

仕事帰り、成瀬は四宮に寮を出て行った理由を聞きますが、
四宮は答えず、春田とは上手くいっているかと聞きます。

そんな四宮に成瀬は「マジで言ってんですか?だから俺は…!」と、
自分の気持ちを言いそうになるのを抑えます。

寮とは反対方向に行こうとした成瀬を止める四宮。

成瀬が行こうとした先は、春田と同じ七郷土手でした。

 

四宮も含め黒澤からの呼び出しを受けていた三人が土手にいると、
黒澤がやってきます。

一同揃うのも最後かもしれないから伝えておきたいことがある、と
突然「相撲を取ろう!」と言い出し、
黒澤杯相撲大会を開催することを宣言します。

 

最初は四宮と相撲を取り、四宮が
「これまでの関係が崩れるぐらいなら告白なんかすべきじゃなかった。
今の状況が苦しすぎる」と本音を打ち明けると、
黒澤は「人を好きになった自分を否定するな」と言い、
「そんなことで苦しいならわしはとっくに死んでるわ!」と
四宮を投げ飛ばして叱咤します。

次に成瀬と相撲を取り、「機長を目指すなら
もっと周りを信用して自分を開け」とアドバイスしますが、
春田には特に言うことはなく「自分で考えろ!」と激励。

そして最後に三人一斉に黒澤にかかっていき、
本気でぶつかって絆を深め合っていくのでした。

 

 

 

その夜、緋夏は黒澤に、今までのパイロット生活に労いの言葉をかけ、
春田のことも最初は驚いたが、第二の人生を全力で応援すると話します。

そして「飛べ!黒澤武蔵-!!」と激励するのでした。



 

春田と向き合う成瀬

 

黒澤杯のおかげもあってか、寮に戻ってきた四宮は、
二人に手料理を振舞います。

成瀬はニンジン嫌いを克服しており、そんな成瀬の成長に喜ぶ春田と四宮。

三人で笑い合いながら楽しく食べるのでした。

 

その後、春田が四宮に「今度はチーズインハンバーグが食べたい」と
リクエストしますが、四宮は「お前のリクエストはもう聞かん。甘えるな」と
微笑みながら答えます。

春田がそれに抗議をしていると、成瀬が二人の間に入ってきて
「コンビニ行こ」と春田を誘います。

 

コンビニへ向かうその道中、成瀬は「明日は黒澤のラストフライトだが、
お互いいつも通り頑張ろう」と言います。

成瀬は、周りからよく言われるからということもあるけど、
何より自分自身で「春田の影響で自分は変わった」と感じていました。

だからこそ「今までの自分だったら春田とも軽く付き合っていたけど、
大切な人だからそれはできない」と告げます。

誰かを大事にしたい、誰かを好きだと思う気持ち、逃げないで向き合うかっこよさ。

そんな大切なことを教えてくれた春田のことを「尊敬している」と伝え、
感謝の気持ちを伝える成瀬。

 

出典:公式サイト

 

成瀬の気持ちを知り、春田は頭を下げてお礼を伝え、涙ぐみながらお互い強く抱擁。

それは恋愛としてではなく、友情としての抱擁でした…

 

黒澤のラストフライト

各々が黒澤の最後に寂しさを感じる中、春田は自ら手を挙げた機内アナウンスで、
黒澤がどういうキャプテンかという話をし始めます。

 

出典:公式サイト

 

突然相撲を取ろうと言い出したこと、そこでお互い本気でぶつかり合ったこと、
たくさん笑って泣いて、絆が深まっていったこと。

そうやって黒澤からもらったたくさんの愛を受け、
自分たちも誰かを幸せにしたいと思ったからこそ今ここに立っていられると話し、
乗客から拍手をもらいます。

 

その後、黒澤から改めて「この景色は一生忘れられないものとなる。
感謝を胸に今日も務めます」とアナウンスを流し、最後にこう告げました。

 

「それでは皆様、メリークリスマス」

 

空港につくと、たくさんのクルーや整備士たちが黒澤を出迎えました。

怜二から花束を渡し、根古や四宮たちは黒澤へ今までの感謝の気持ちを伝えます。

そして成瀬は「俺が機長になった時には、お客さんと一番に乗っていただけますか」
と言い、黒澤は「もちろん」と答え、二人は固い握手を交わすのでした。

そこに春田の姿はなく、代わりに道端から、春田からのメモを受け取ります。



 

春田が思いを告げたのは……

 

その後怜二から、黒澤は指導教官としてここに残ることが決まったと告げられます。

皆盛大に喜ぶのでした。

 

その頃、四宮と成瀬は寮でグラタンを作っていました。

そこで四宮は成瀬に、自分のどこがいいのかと尋ねます。

始めは「残念そうだから見てられない」と答えられてしまい、
再度四宮が尋ねるも、成瀬は「どこがいいのかなぁ……」と
四宮を見つめながら話します。

気まずくなった四宮はグラタンを食べるよう促し、
その後仲良く味見をして、成瀬からキスをするのでした…

 

一方、黒澤は春田からのメモにあった通り、ヘリポートに来ていました。

するとそこへ春田がやってきて、黒澤のことが好きであると告白します。

突然の思いがけない告白に黒澤は戸惑い、
「それは上司と部下としてってことだろ!?」と言うものの、
春田も自分ではよくわかっていないと言います。

でも、黒澤がくれた愛情が嬉しくて、それに支えられていたことに気づいた春田は、
これから先も黒澤の隣で一緒に幸せを見つけたいと話し、

「キャプテンのこと、好きになってもいいですかー!?」

と、黒澤が自分に告白をしてきたときと同じ言い回しで、黒澤に想いを告げます。

信じられずしゃがみ込んでしまう黒澤に、春田は再度同じ言葉をかけ、
黒澤はついに手で大きく丸を作って「丸~!!」と叫びました。

春田は涙を流しながら黒澤に駆け寄って、二人は抱きしめ合うのでした…

 

おっさんずラブ-in the sky- /8話ネタバレ感想。急展開すぎる!?ついに春田と結ばれる黒澤!そして成瀬と向き合い前に進む四宮!やっとそれぞれの目的地に着陸

 

突然すぎる春田→黒澤への告白

 

前作からずっと黒澤は「春田に振られるキャラ」でした。

だから「やっとだね、黒澤…おめでとう…」となるはずですが。

 

いや、よかったねって思うけど!

急展開すぎませんか??

春田はいつの間に黒澤を好きになったんですか?

ていうか成瀬への気持ちはどこにいったんですか!?

 

成瀬から「恋愛じゃなくて人間愛」ってはっきり言われて、
そこでスッパリ諦めたってこと?

あれが成瀬を諦めた瞬間だったとしても、黒澤に告白するのは早すぎません?(笑)

成瀬がダメだったから黒澤に行ったのか?なんて思ってしまいました。。

黒澤がパイロットを止めると聞いて、思った以上に寂しく感じているのがわかって、
黒澤のことが好きだって気づいたってこと?

そんなコロコロ気持ち変わるもんかな…?

そこらへんをきちんと描いてくれていたらまだよかったかも。

ちょっとモヤモヤしました(笑)



 

そんな中でも面白かったのが相撲大会

 

「あいわかった!」とか「わしはとっくに死んでおるわ!」とか、
黒澤の話し方がどこの時代なんだろうって感じで面白かった(笑)

四宮のことは「不幸体質整備士」、成瀬のことは「自己完結型ベビーフェイス」、
春田のことは「マッスル甘えん坊将軍」と呼んでいたのは笑いましたねー。

ワードセンスが本当にいい(笑)

 

シノ成推しとしては最高のラスト

 

春田を振る成瀬の…というか千葉雄大くんの涙…めちゃくちゃ綺麗だった……

思いっきり泣いてるのに「泣いてないし」という素直じゃない成瀬が可愛すぎました。

やっぱり成瀬の中ではシノさんなんですよね。

 

いつも春田のために、春田が望む食べ物を作ってあげていたあのシノさんが、
春田からのチーズインハンバーグのリクエストを断ったのは、
シノさんにとっての「けじめ」なんだろうなぁと思いました。

あそこが、シノさんが春田を諦めた瞬間だったのかなと。

 

そして、成瀬の好きなグラタンを作っていたあのシーンは、
まだ完全に成瀬を好きになったわけじゃないけど、
シノさんなりに成瀬と向き合おうとしているんだなと思いました。

グラタンを味見し合って、口についたのを取ってあげようとして見つめ合って…
とか恋愛ドラマにありがちな流れだ!!

シノさんはキスしようとするのを止めたけど、
あれは確実に成瀬に好意を持った瞬間であって、
それを成瀬は見逃さなかったから自分からキスしたんだと私は解釈しました。

あのシーンは本当に息が止まりましたよ……

 

それからこの二人はどうなるのか、
続きはビデオパスやAbemaTVで配信されるとのことです!

 

https://twitter.com/ossans_love/status/1208406334120644613

 

 

きっと春田と黒澤、緋夏と道端がどう進展していくのかもきっと描かれると思うので、
これは見ないといけません!!