ドラマ

おっさんずラブ-in the sky-・7話ネタバレ感想。四宮をデートに誘おうとする不器用男・成瀬。その時春田が取った行動とは?

獅子丸怜二が正体を偽った理由が明らかに!

そして四宮に告白した成瀬、成瀬に想いを寄せる春田、
春田をまだ諦められずにいる黒澤…
おっさんたちの恋の行方がついに最終章へ!

 

おっさんずラブ-in the sky-/7話あらすじ

態度が豹変する怜二

怜二がCAではなく執行役員だと知った春田たちの前で、
怜二は「事業拡大のため組織改革を進めていくことが会議で決まった」
と告げます。

今までのように仲良しこよしではいられないと冷たく言い放ち、
出て行く怜二。

その後を追いかけた春田は、
仲良しこよしでやっているわけではないとハッキリ伝えます。

これからは数字で評価されるから、
結果を出さないと春田も居場所がなくなると忠告するのでした。

 

緋夏に自分の気持ちを伝える黒澤

四宮は、職場のお手洗いで顔を洗いながら、
昨日の成瀬からの告白を思い出していました。

四宮はその後「そんな気持ちはない」とはっきり断っていたのです。

そこへやってきた黒澤に、自分は春田に振られたことを伝えます。

抜け駆けのようなことをして申し訳ないと謝り、
出て行こうとすると、黒澤は春田が今はフリーであることを改めて確認。

実は春田のことをまだ好きでいると打ち明けると、
緋夏はこのことを知っているのかと聞かれ、ハッとする黒澤。

 

その夜、黒澤は緋夏に春田が好きだと告白。

父親の突然の告白に、緋夏は受け入れることができませんでした…

 

四宮とのことで悩む成瀬

春田は寮に戻り、今まで通り四宮と一緒にご飯を食べます。

怜二の正体について話すもどこかぎこちなく、
春田も戸惑っているところへ成瀬が帰ってきたので、
ご飯に誘うと「おなかいっぱいだから」と言って走って去っていきました。

その様子から春田は、四宮と成瀬の間に何かがあったと気づきます。

 

その後春田は成瀬から、四宮に告白したというか襲ったと聞き驚きます。

続けて成瀬は、キスまでにやらなきゃいけないことは何かと春田に聞きます。

春田は、ご飯行ったりどこか出かけたりすることだと答えますが、
それが必要だとは思っていない様子の成瀬に、
「成瀬はよくても四宮の気持ちがある」とアドバイスをする春田。

失敗したと落ち込む成瀬を励ますのでした。

 



 

突然の組織改革に戸惑う春田たち

毎年行っているファン感謝デーのイベント内容を一新したと話す怜二。

その内容は、毎日の業務で忙しい中、
本当に準備が間に合うかどうか微妙なものでした。

怜二に文句を言うも、「結果を出さなきゃ意味がない」と
またしてもキツく言い放ちます。

 

その後黒澤は春田を呼び出し、怜二のことを話した後で、
緋夏に自分が春田のことが好きであることと、
まだ諦めきれてないことを話したと伝えます。

再アプローチに戸惑う春田に、
黒澤は「今はこうやって一緒に仕事ができるだけでも幸せだ」と話すのでした。

 

それから春田を始め、皆はイベントに向けて準備を進めるのでした。

 

春田と成瀬のイルミネーションデート

四宮をデートに誘おうといろいろアプローチはしているものの、
すべて不発に終わっていることを春田に話す成瀬。

そしてついに、四宮をご飯に誘おうとしますが、
四宮はすでに帰った後でした。

落ち込む成瀬に春田はご飯を誘い、
一緒にイルミネーションを見に行きます。

 

 

 

 

こういうところに四宮を誘って、綺麗さを一緒に楽しめばいいという春田に、
コックピットから見る眺め以上に綺麗なものはないという成瀬。

「じゃあ、こういうことしてみるとか」と言って、
成瀬の手を掴んで自分のポケットに入れる春田。

二人で楽しいひと時を過ごすのでした。



 

怜二の本心

二人が寮に帰ると、怜二が四宮と飲んでいました。

すごく酔っている様子の怜二は「春田と成瀬はデートをしてきたんだ」とか
「成瀬はシノさん派!」など、今の三人にとってはかなり際どい発言をします。

そんな怜二を、春田はテラスへと運び出します。

 

 

 

怜二はそこで、弱弱しく「イベントの準備大変だよね、ごめんね」と
言い出し、春田は文句を言いながらも怜二を気遣います。

怜二は、天空ピーチエアラインを今よりもっと盛り上げようと
頑張っているけど、それが結果的に皆に負担をかけてしまっていると
責任を感じていたのです。

皆に辛く当たってはいましたが、本当は心苦しく思っていたのでした。

 

四宮に振られる成瀬

成瀬はイルミネーションや古墳など必死にデートに誘いますが、
春田が成瀬に想いを寄せていることに気づいた四宮は素っ気なく拒否し、
最後には「お前に一切興味がない。迷惑だ」ときつい口調で言い、
成瀬はショックを受けてその場から走って去っていきました。

寮を飛び出した成瀬とすれ違った春田は、
寮に戻ってから四宮から早く追ってやれと言われます。

春田を送り出した四宮の目は涙で濡れていました。

 

たこ公園のたこの中で、一人落ち込んでいた成瀬を見つける春田。

四宮に振られたことを話し、人に振られること自体が初めてだと言う成瀬に、
春田は「振られたら皆そういう気持ちなんだよ。
ちなみに関係ないのにコーヒーをかけられる気持ちもわかんなさいよ」と
おどけながら言います。

成瀬は「俺は本当にくそです」と自嘲気味に言いますが、
春田は「成瀬はみんなと話せてるし、チームのこと考えてるし、変わったよ」と
励まします。

そして「帰ろ」と言って手を差し出し、
その手を成瀬が掴むと自分のポケットに入れてあげるのでした。



 

四宮・黒澤との別れ

寮の入り口に入る前に、手を離す春田と成瀬。

そこへ、荷物を持った四宮がやってきます。

四宮は寮を出ることにしたと二人に告げ、
「今までありがとうな」と言って、出て行く理由を聞く春田の声にも
応えることなく、去っていきました。

さらに次の日、黒澤に呼び出された春田は、
黒澤から「パイロットを止めることにした」と告げられるのでした…

 

おっさんずラブ-in the sky- /7話ネタバレ感想。成瀬の健気に四宮をデートに誘う姿、そしてこっぴどく振られる姿が切なすぎると話題に!

成瀬の不器用な愛

キスまでにやらなきゃいけないことが分からない成瀬君。

恋愛偏差値があの春田より低いっていう…(笑)

皆はどういうところにデートに行くのか、
ちょっとツンツンしながら根古さんたちに聞く姿が可愛かったです。

あと、潜在意識に刷り込もうと、古墳の本を床にバラまいていたのは笑いました。

そのやり方ちょっと狂気じゃん!それでシノさんが古墳好きになったら逆に怖いよ(笑)

 

春田の気持ちに気づきイライラしていたシノさんは、
キツく言って振っていましたね。

その時の成瀬君の表情がすごく切なくて、辛かったです。

初めての恋で、人に聞いたり調べたりして一生懸命考えて…
すごく頑張ってましたよね。

でもあんな風に言われてしまって…
本当にかわいそうで今すぐ頭を撫でに行ってあげたいと思いました。

やっと誘えて、一緒に行けるならどこでもいいって言えたところは
本当にかっこよかったです。

 

春田の無意識発言

イベントで、限定グッズをもらうための整理券がもらえなかったと
乗り込んできた男が暴れだし、止めようとした黒澤が転んでしまいます。

何とか事なきは得ますが、自分より春田の身を案じる黒澤に
「何であんな無茶するんですか!キャプテンに何かあったら…」と、
またも黒澤にとって嬉しいことを言う春田。

いやぁ……そういうとこだって。

無意識にそういうこと言っちゃうんだもんなー!!罪深き男!(笑)



 

温厚なシノさんの言葉の裏は…

興味がないから諦めてくれとはっきり成瀬君を振ったシノさん。

あの言葉には、好きな人(=春田)の幸せを願った優しさ、
そして成瀬君に対して中途半端なことをしない優しさが見えました。

春田と成瀬君の仲に嫉妬したというのもあるだろうけど、
その後自己嫌悪に陥ってる表情がすごく良かったです。

いつも優しいあのシノさんがあんなに強く言うんだから、
「彼を諦めて、彼の幸せを願おう」と、
よっぽどの覚悟を持ってるんだと思うんですよね。

だからこそ寮を出る決意をした。

 

でも!シノさんと成瀬君を応援していた身としては、
これで成瀬君が春田に傾くのはちょっと嫌だ!(笑)

春田が来てから成瀬君は随分変わったし、
春田から受けた影響がいかに大きいかは見ててわかる。

だからこそ春田に気持ちが変わるっていうのもわかるけど!

失恋したときに優しくされたら、そりゃ傾くじゃん!反則だわ!(笑)

 

酔っぱらう怜二が可愛かった

執行役員として、積極的に組織改革を行う怜二も辛かったんですね。

酔っぱらって普段とのギャップが出てまくってたのが、
最高に面白かったです。

怜二はいきなり出てきた新キャラだったので、
突然春田のこと好きだとか言い出したらどうしようかと思ってましたが、
恋愛には絡んでこなさそうですね。

来週いよいよ最終回だし、
あの四人の恋の行方はどうなるのかってことになりそうですね。

非常に楽しみです!!